Bluestream社の XDocs Micro CCMS は小規模のオーサーチームの間で、構造化コンテンツや非構造化コンテンツの需要がますます複雑化してきていることを提唱しています。

最も融通性がきき経済的なソリューションを提供するために、XDocs Micro CCMSはコアシステムコンポーネントと必要に応じて機能追加できるオプションモジュールを備えています。

このアプローチは小規模なローカルグループやテクニカルオーサーのグローバルチームにデプロイするためにXDocsを 最速エンタープライズクラスCCMS にすることができます。

XDocs Microはオーサーとコントリビューター の小規模のチームを対象としていますが、大規模で複雑なデプロイメントをサポートするのと同じ技術によって支えられています。ユーザーの追加もスムースにでき、機能性を増やすためのモジュールもいつでも追加できます。

全てのXDocs コンポーネントと JAVA エディタはすべてのプラットフォームで作動します。XDocs はWindowsバージョン7以降、MacOSバージョン10以降、ならびにモダンJAVA環境で作動するいかなるLinuxそして他のどのプラットフォームでも作動します。

 APIは XDocsのカスタマイズや、他のシステムとの統合にご利用できます。 CCMSの機能は単一デプロイメントツールで公にされています。すべてのXDocsデプロイメントは NetBeansを使用してJAVAでなされます。

XDocsは仮想マシン上でXDocsを作動している多くのお客様との仮想化をサポートしています。さらにXDocs CCMSはフォールトトレランス、フェイルオーバー、高可用性、またはマスター/スレーブレプレケーションのサポートによるスイッチオーバ―を提供し、すべてのXDocsアプリケーションは同じサーバー上で用意されています。