XDocsはBluestream社の機能豊富なエンタープライズDITAコンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS) です。XDocsは1つのライフサイクルから次へと機敏に移動します。

管理

XDocs CCMSとはDITAやその他のコンテンツの管理、ユーザーとコンテンツへのアクセスの管理、タスクを自動ワークフローで管理、ローカリゼーション管理などを支援する多くの機能を取り入れた完全なコンテンツ管理システムです。

作成

XDocs はXML エディタ、 XMLマインド、 XML エディタ (XXE)、 Oxygen、Structured FrameMaker、また XMetalなどのお客様のお好みのプログラムと完全に統合されています。しかし、XDocsはたとえばIllustrator や Excelなどのエディタでもご利用できます。

検索

XDocsには多くの検索が付随していますが、カスタムメタデータなどを使って、お客様ご自身の検索機能の作成も可能です。XDocsにはまたコンテンツをすばやく見つけて管理できる強力なマルチファセットブラウズも含まれています。

レビュー

XDocsレビュアーはコンテンツとDITAマップを見直す目的でXDocs ワークフローと完全に統合されています。レビューアーはウェブアプレットとして作動し、テクニカルでないユーザーでもコンテンツを簡単に見直しコメントを書くことができます。

更新

XDocsとは更新が必要なコンテンツを見つけ、更新を実行し、ワークフローとローカリゼーションプロセスを通してコンテンツを推奨し、承認済みの更新されたコンテンツをすばやく公表することを容易にする機能がついたDITAベースのコンポーネントコンテンツ管理システムで、それによってお客様は最新情報にアクセスすることができます。

翻訳

XDocsにはローカリゼーション管理機能が付いており、翻訳マネージャーがコンテンツバージョンとターゲット言語に基づいて、翻訳に送る必要のあるコンテンツを容易にまた速やかに決定します。

ローカリゼーションモジュールは翻訳用コンテンツのパッケージとエクスポートを取り扱い、ソース言語とターゲット言語の内容の調和を確認するLSPから入って来る翻訳されたコンテンツを処理します。

XDocsはまたローカライズされたターゲット言語のコンテンツを CMSで管理し、壊れたリンク、マニュアルリンク、クロスリンクなどを修復し、コンテンツ配信モデルに応じてターゲットコンテンツを公表します。

ローカリゼーションモジュールは翻訳用に修正されたコンテンツだけを送信することで、翻訳コストを下げるというDITA の約束を実現させます。これによって翻訳時間が早まり市場への時間も短縮されます。

パブリッシュ

Bluestream社はビデオやオディオなどを含むソースサーバーから直接承認されたソースやターゲットコンテンツを迅速で自動的に配信する新しい知識ベースを作成しました。知識ベースはコンテンツ配信と更新をより効率よく効果的に実行します。お客様はHTML とPDFの両方で、承認された知的資産をより迅速で効果的に検索、ブラウズ、発見、共有することができます。

更に、XDocsにはいろいろな出力フォーマットでパブリッシュしたり、特定の日付けでコンテンツをパブリッシュしたリ、あらゆる言語でパブリッシュすることをサポートするための機能が備わっています。XDocsパブリッシングはDITA OTを使用していますが、 現在全ての DITA 1.2 機能をサポートしています。

繰り返し

XDocsにはコンテンツのバージョニングやブランチングを処理する強靭なメカニズム、必要なコンテンツを検索する強力な拡張メタデータを作成する機能など無限のライフサイクルを通してコンテンツをサポートする多くの機能が備わっています。

オープンスタンダード

全てのXDocsモジュールと機能はDITAとBPMN 2.0 や OWL 2などのその他のオープンテクノロジーを基盤としています。 XDocs CCMSはすぐに使用することができる完全なコンテンツ管理システムで、コンテンツの作成、管理、配信に必要な全ての機能が備わっています。しかし、それはオープンテクノロジーに基づいているので、拡張の可能性は無限です。

パンフレット、ウェビナーなど製品に関する詳しい情報は XDocs Resourcesまで