XDocs CCMSコアコンポーネントは迅速配置可能なエンタープライズクラスのCCMSを提供し、サーバー、デスクトップ、ウェブアプリケーションで構成されています。XDocs CCMS小チーム作業環境が基本となっており、チーム全員のために習得しやすいコンポーネントを提供しています。

Bluestream社の開発哲学はセキュリティ設定のような一般操作を越えて「ゼロ管理」システムを簡単に習得し、スケールできるコンポーネントを常に作成してきました。

CM アドミン

XDocs CMアドミンウェブベースアプリケーションは XDocs CCMSの遠隔並びにスムースな管理を可能にします。

システム管理者はユーザー許可、アカウント、ワークフローの設定、発行日のベースライン、プロジェクトの構成など容易に設定管理できます。ユーザー許可は面倒なコピーダウンモデルなしで子孫フォルダ全てを含むようスコープすることができます。これはお客様が維持する必要のある許可の数を大幅に減らすことになります。

XDocsリポジトリ

XDocsリポジトリはコアデータベースであり、すべてのコンテンツを収納します。 XDocsリポジトリは XMLとバイナリコンテンツの両方を収納するために基礎となる完全機能のMYSQLリレーショナルデータベース管理システムを使用しています。

コンテンツは簡単にインポートとされ、XDocsリポジトリで作成されます。DITAコンテンツがインポートされるか、あるいはリポジトリに保存されると、検証チェックがリンクチェックと同じように実行されます。

メタデータ管理

コンテンツリポジトリが毎年指数関数的に成長し、コンテンツ再利用がさらにもっと複雑化するにつれ、コンテンツ管理の課題も増加しています。 XDocs 拡張メタデータモジュールはお客様がコンテンツタグを素晴らしい正確さでコンテンツの回復、配信を助ける情報オペラティブに変換を助けるシステムを提供します。

XDocs拡張メタデータモジュールはDITAから直接XDocsに用語や用語集エントリを収納させることができます。収納後は拡張メタデータシソーラスが分類構造に従って用語を整理することができます。

収納された用語はコンテンツによりブラウズや検索のため使用でき、DITA ファイルでないのも収納された用語と関連付けることができます。

XDocs ワークフロー

XDocs自動ワークフローはBPMN 2.0産業規準とデファクト規準Activitiワークフローエンジンがベースになっています。ワークフローはCMアドミンコンポーネントで設定、編集され、設定は全てXDocs CCMS コンポーネントを通してなされます。ワークフロータスクの候補はプロジェクトロール、ユーザーリスト、あるいはその両方から設定することができます。

WEX

企業が構造化コンテンツから真に利益を受けるには、すべての関係者が技術的難問に突き当たることがなく有意義な方法で貢献できなければなりません。

WEXはウェブ上でDITAコンテンツをレビューしたり貢献したりできるXDocs CCMS のウェブベースのモジュールです。アプリケーション開発の前提にあったのはトレーニングもインストールも必要ないという単純なものでした。このアプリケーションの対象者にはコンテンツ開発ライフサイクルに参加する必要のある組織の人ならだれでもなることができました。

WEXはOxygen ウェブエディタと緊密に統合されていますが、WexはDITA ウェブベースのXMLエディタ(Fonto XML、XEditor etc.)などどれも同じように簡単にサポートできます。アプリケーションはロールとワークフロー能力中心で、つまりユーザーがレビューマークを追加できるのは特定のトピックに限られ、あるいはユーザーは新しトピックを作成しリポジトリに新しい画像をアップロードするのは許可されているということです。これは特定のワークフロー内でパブリッシュしている時に多く制御できるからで、ユーザーがワークフロー外で素晴らしいアイディアが浮かんだ場合に意義深いコンテンツを貢献するのを制限しないからです。更に、WEX オーサリング体験は MS Word や Wikiの体験に似たインタフェースで完全に明瞭です。

XDocs エクスプローラ

XDocsエクスプローラはXDocs リポジトリのコンテンツ管理のためにコンテンツ作成チームによって使用されます。XDocsエクスプローラはローカルコンピューターにインストールされ、Oxygen XMLオーサーのようなリッチデスクトップXMLオーサリングツール、またExcel、SnagIt、Visioなどの非XMLツールの使用を可能にします。XDocsエクスプローラから、ファイルタイプをサポートするあらゆる種類のエディタをファイルで開くことができます。

コンテンツは XDocsリポジトリに簡単にインポートできます。DITA コンテンツがインポートされると、リンクチェックと同様にバリデーションチェックも実行されます。DITA マップや全ての依存関係にある有効なDITA コンテンツはあらゆるリンク、コンテンツレファレンス、コンテンツキーレファレンスなど維持したままXDocsリポジトリに容易にインポートできます。もし未解決のリンクに遭遇した場合、ユーザーはリンクターゲットを検索してインポート時に解決することができます。CCMSメタデータをインポート操作の一部に割り当て、XDocsをカスタマイズすることができます。

エクスポートはXDocs リポジトリからお客様のローカルハードドライブにファイルをエクスポートできます。これらのファイル内のリンクはファイル相対リンクに固定されており、エクスポートされたファイルは XDocsから完全に独立しています。コンテンツはメタデータがそのままのDITAコンテンツです。DITAにサポートされていないメタデータは標準のOWL2 XML ファイルとしてエクスポートできます。

セキュリティと監査に関しては、XDocsはパスワードの保護、暗号化されたフォーマットを提供しており、ユーザーのログインとログアウトを記録しています。

ブランチマネージメント

企業組織は業界の急速な発展に対応し、製品の多様化とカスタマイズ、最新式の正確な文書化に対する市場のニーズに応えることがこれほど大きかったことは今までありませんでした。XDocsブランチマネージメントモジュールはドキュメンテーションチームに全てのコンテンツバージョンに対して広範囲のアクセスとコントロールを提供しています。

CCMSのリリースマネージメントは時間の経過とともに、1つ以上の製品の異なったリリースのコンテンツの管理方法に関係しています。リリースマネージメントはコンテンツを管理する上で生じる課題、たとえば企業はバージョン7.1,7.2、7.3などのドキュメントバージョンをサポートしなければなりませんが、それと同時にバージョン8.0のコンテンツを開発するという課題です。

XDocsリリースマネージメント機能はある時点でコンテンツバージョンを隔離させ、それらのコンテンツバージョンを XDocs CCMSの新しいブランチに登録させます。ブランチコピー機能を用いて、ドキュメンテーションチームはコンテンツを隔離することができるので、コンテンツバージョンを分離して開発することができ、後に望むならコンテンツをブランチからブランチへ併合したリ統合したりできます。

ブランチコピー機能はブランチのコンテンツの違いについて報告し、どちらの方向にもブランチを併合したリ、統合したりできます。報告書はブランチコピーの際に次の操作を実行できる方法を提供しています。

  • リンクエラーの修正
  • 併合されたXML やその他のXML の変更
  • 既存の同一コンテンツのスキップ

ブランチマネージメント機能はXDocsに広く統合されたシステムです。コンテンツをお客様のコンテンツマネージメント手順に従って、ブランチ間を移動すると、自動化されたワークフロープロセスとローカリゼーションサイクルを通じてドキュメンテーションプロジェクトを実現し、拡張メタデータを適用し、ブラウズと簡単に検索を使ってブランチ間でコンテンツを簡単に探し、お好みの出力フォーマット、パラメータ、およびフィルタなどでコンテンツをパブリッシュできます。

CM ポータル

CM ポータルにより企業のどなたでも簡単にブラウザ経由でコンテンツを見直すことができます。たとえば、マネージャーにリンクを送信すると、 HTML や PDFで提出されたファイルを簡単に閲覧でき、あるいはウェブブラウザを使って画像やテキストファイルを簡単に閲覧できます。