Bluestream社の XDocs CCMSは増々複雑なコンテンツの需要にお応えします。

最もフレキシブルで経済効果を高めるために、XDocs CCMSは 必要な際にコアコンポーネントと追加機能を追加できるオプションモジュールを備えています。

このアプローチは小規模ローカルグループへの配置でも、技術オーサーのグローバルチームへの配置でもXDocsを最高速エンタープライズクラスのCCMSにさせることができます。

下記のXDocs CCMSアーキテクチャーの図表では、UIアプリケーションはウェブ(青色)とローカルマシン上(緑色)で利用できます。

このAPIはXDocsのカスタマイズや、他のシステムとの統合に利用できます。CCMSの機能は単一開発ツールで公開されています。全ての XDocs 開発はNetBeans使用のJavaでなされます。

XDocsは仮想化をサポートし、仮想マシン上で実行できます。更に、XDocs CCMS XDocsはフォールトトレランス、フェイルオーバー、高利用度、またはマスター/スレーブ リプリケーションのためのサポートによるスイッチオーバ―を提供し,全ての XDocsアプリケーションは同じサーバー上で提供されます。