構造化コンテンツとは?

構造化コンテンツとはコンテンツを管理するためのモジュールアプローチです。コンテンツはXMLを含む複数のフォーマットそしてDarwin Information Typing Architecture(DITA)を含む幾つかのXMLデータモデルを使用して保存できます。XMLコンテンツはフォーマットから分離されていて、コンテンツを複数のプラットフォームに配信するのを容易にします。メタデータもXMLコンテンツに追加され、使いやすくなります。

 DITAとは?

DITAとは最も広く採用されているXMLスタンダードで、セルフコンテインド方式の再利用可能なチャンクにコンテンツを作成、整理するためにコンテンツ用の構造にテンプレートと定義されたタイプを提供します。コンテンツのチャンクを結合したリ再結合したりして、異なる情報セットを作り上げます。コンテンツのDITAチャンクにはメタデータがあり、自身のメタデータでチャンクにタグをつけることもできます。

なぜDITAなの?

DITAを使ってコンテンツを構造化する理由は下記のとおりです。

  • DITA情報タイプは情報をより理解しやすくする優れた作文練習と情報構造を奨励します。
  • DITAには情報の再利用をサポートする多くの方法があり、異なる出版物を通して同じコンテンツを再利用することで重複を避け、一貫性を高めることができます。
  • DITAはコンテンツを更新、編集することが容易にできます。
  • DITAとは世界中で広く支持されているオープンテクノロジーです。お客様がご自分でコンテンツを構造化されると、費用もかかり他のテクノロジーとうまく噛み合わないかもしれません。
  • DITAはお客様の情報モデルに合わせ特殊化することができます。
  • DITAは単一ソースパブリッシングを容易にします。DITAはコンテンツをコンテンツ配信から分離するので、同じ情報セットがHTML、 PDF、WebHelp、 EPUBなどの異なる出力に迅速かつ効率的に変換することができます。
  • DITAは翻訳のために修正されたコンテンツのみを送信できるために翻訳費用と出来上がり時間を短縮することができます。

構造化コンテンツとコンテンツ管理はどうですか。

コンテンツ管理とは製品を更新する時、コンテンツを計画、作成、レビュー、編集、翻訳、パブリッシュというライフサイクルを次のライフサイクルへと見ることです。

DITAを使用してコンテンツを構造化することは複数の聴衆、言語、およびパブリッシュ出力のためのコンテンツ配信を管理しやすくすることです。

DITA CCMSとは?

コンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)はコンテンツをもっと粒状のレベルで処理し、DITAのユニークな機能をサポートするように設計されているソフトウェアです。DITAや他のコンテンツを検索、トラック、作成、編集、パブリッシュするのを簡単にする機能が付いています。

企業はどのようにDITA に切り替えたらいいのでしょうか。

DITA採用にはいくつか計画を必要とします。たとえば、お客様の会社がDITAを採用されているなら、コンテンツ戦略、再利用計画、情報モデル、指標などを作成する必要があります。既存のコンテンツをDITA コンテンツに変換するためにはDITAコンバージョンがおそらく必要でしょう。DITA採用計画の段階に入る前に検討することは訓練と試験段階などです。

詳しくはこちらまでご連絡下さい。