機械工業モジュールはXDocs システムパーツに認識させ、パーツ情報をドキュメントに伝達するという複雑性を管理し簡潔化するためのプラットフォームを提供します。

技術文書と部品情報の分離は技術文書チームの効率に影響します。企業は部品情報が豊富なドキュメンテーションが必要ですが、ERP と PLMシステムに存在する部品情報から完全に切り離されたシステムやプロセスを通して作成、更新されるのです。この分離によって、部品情報は手間をかけて手作業で入力する必要が生じ、当然データに間違いや更新の問題が起こる結果となります。

XDocs機械工業(MI)モジュールは部品情報をドキュメントテーションにインポートするという複雑な作業を管理し簡素化する部品認識プラットフォームを提供します。

  • ERPとPLMシステムを含むデセパレートソースからCAD とBOMデータの取得
  • イラストパーツカタログ、インストレーションガイド、トラブルシューティングマニュアルなどを含むオーサリングとドキュメンテーションの作成を容易にするためにデータの自動連合とリンク
  • グラフィックスとBOMアセンブリの再利用
  • Bluestream社の知識ベース(KB)ポータル、第三者のIPC、PDF、その他のフォーマットの配信 

特徴

  • BOMデータ と PLM、ERPs、ベンダーからの図表の入力
  • データを正規化された部品データベースに組織化し、重複した部品入力を削除
  • データの一貫性と整合性を確認
  • 図表と関係部品テーブル間の自動リンク
  • 何千ものアセンブリにスケールできること
  • アセンブリの検索と閲覧の有効化
  • 輸入部品情報(ホットスポット)の改善と拡大
  • トッピクにタグをつける時に部品メタデータにアクセスできること
  • IPC とIETMの自動生成の有効化