企業はXDocsローカリゼーションモジュールを使用して、大幅なコスト削減を報告しています。

XDocsはローカリゼーションプロセスを合理化し、翻訳プロジェクトのファイル管理上の向上を図ります。下の図表はソースコンテンツがソース言語で作成され、1つ以上のターゲット言語にローカライズされる簡単なワークフロープロセスを示しています。このプロセススキャンは「必要ならば繰り返す」の点線によって示されているように反復されます。

ローカリゼーションモジュールは、たとえば最後の翻訳後どのコンテンツが変更されたか、あるいはどのコンテンツが「翻訳の準備完了」という状態にあるかを示すローカリゼーションステータスレポートを発行します。 XDocs ローカリゼーションは’コンテンツを周期的にソース言語から翻訳してシステムに戻し、ローカライズ、リンクチック、グローバル市場向けにパブリッシュする準備が整った時にコンテンツをスムースに処理します。

XDocsはXLIFFをサポートできますが、XLIFFはもともと翻訳管理システムと翻訳者が使用する翻訳ワークベンチの間の標準フォーマットとして設計されました。DITA対応言語サービスプロバイダによって設定された高度な最新ローカリゼーションプロセスは生のDITAエクスチェンジに依存しています。DITA を利用して、国内の中小企業のコンテクスト翻訳とコンテクストレビューを提供し、より競争力があり、より質の高い翻訳と最新の翻訳メモリ(TM)へと導いていくのです。