なぜDITAなのでしょうか。

新しい技術を教えることは教育現場の一部にしかすぎませんが、今日増々多くの法律により成果を上げようとしています。すぐに結果が出るわけではありませんが、XMLとDITA は教育関係のお客様を対象にいくつかの主要プロジェクトに最適な基盤を提供してきました。

法律が存在する所ならどこでも、承認用の仕様書の提出から試験問題や点数方式の作成にいたるまで、お客様のドキュメンテーションが矛盾なく準拠していることを確認する必要があります。XML とDITA はライフサイクル全般にわたってお役に立つことができます。DITAのマルティチャンネル配信機能はトレーニング材料と試験が実際に印刷されるのと同じように簡単にスクリーンに表示され、点数方式がオンライン評価システムに送信されます。迅速かつ包括的なブランディングの変更はXSLTを通して迅速に履行できます。

XDocs は教育と訓練の現場に携わる組織をどのように支援できるでしょうか。

全てのコンテンツに中央リポジトリを提供することはもちろん、XDocs CCMS はライフサイクル全般にわたって組織をサポートします。

メタデータ管理

データが有用なのはそれを見つけることができ、いつどこで使われたのか分かる時だけです。Bluestream 社のXDocメタデータ管理モジュールはタグ付けとメタデータに関して包括的なマーケットリーダーアプローチを提供しています。タクソノミーとフォクソノミーの###############完全サポート。

ワークフロー

仕様書と資格の両方をサポートする教育のドキュメンテーションは高度に規制されており、その結果一貫した方法で作成する必要があります。契約専門職員がコンテンツを作成、見直しをしますが、彼らはタスクについて知らされ、期限を守ることを要求されます。XDocsワークフローモジュールはBPMN 2.0産業規準とデファクト規準Activiti ワークフローエンジンをベースにしています。XDocsワークフロープロセス定義は他のツールを使用したり、システム内で作成することができ、潜在的可能性は無限です。

ドメインエキスパートの貢献

中小企業はしばしば教育コンテンツ作成において極めて重要な役割を果たしますが、歴史的に文書制作プロセスに関わる難しさが証明されています。構造化コンテンツに関して、新しいソフトウェアを習得する時間制限と意欲喪失が後退の原因となっています。Bluestream社のXDocs CCMS v5.1 ではウェブベースのアプリケーションであるWEX が導入されました。このアプリケーションはレビュー、修正、またゼロからDITAコンテンツを作成することさえでき、トレーニングの必要もありません。

XDocsワークフローと組み合わせると、コンテンツに注目の必要がある時に、中小企業に電子メールで通知することができます。リンクをクリックするとウェブページが開かれ、そこではMS Wordで機能がミラーリングされ、コンテンツを受け取り、メモを追加したり変更を提案したりできます。使いやすく直感的なインターフェイスはプロセスをスピードアップし、一旦タスクが完了するとワークフローエンジンはプロジェクトを次のタスクに進め、たとえばレビューが完了したことを最初のオーサーに通知します。

ローカリゼーション

多くの企業や組織はソフトウェア認証からハイテク機械メンテナンスまで資格を提供しています。トレーニングリソースと評価を多数の言語で提供できることが不可欠です。

Bluestream社の XDocsローカリゼーションモジュールはローカリゼーションの全工程をスムースに処理し、ワークパケットを作成し、コンテンツをソース言語から翻訳をして周期的に移動し、システムに戻り、ローカライズ、リンクチェック、世界市場に公開する準備がなされます。

知識ベース

今日、現代世界では印刷文書だけを配布するのではもはや十分ではありません。モバイルデバイスへの移行が進むにつれ、PDFは助けになるというより弊害になることがあります。ユーザーは問題の回答を即座に求め、電話で長時間待機するよりセルフサービスポータルを往々にして好みます。学生はしばしば複数のデバイスで資料を学び、たとえば職場のパソコンから始め、通勤中にモバイルデバイスに移行することもあります。

XDocs知識ベースは当社のダイナミックな配信プラットフォームであり、DITAコンテンツをウェブサイトやセルフサービスポータルを含む複数のデバイスやプラットフォームに配信することができます。知識ベースは完全にカスタマイズでき、幅広いソリューションに向けて構成することができ、コンテンツはXDocs CCMSから直接提供されます。つまり実行のための変換プロセスはなく、コンテンツの公開が承認されるとすぐ利用可能になります。

幾つかの競争相手のシステムとは違い、XDocs知識ベースは管理者によって完全に構成、管理できるので、変更の必要があるたびにBluestream社に戻る必要はありません。