なぜDITAなのか?

DITAはすでに世界中の病院で大きな役割を果たしています。診断、治療に使用する高度な医療機器を製造する企業は設置、操作、保管文書にDITAを採用しています。トラストや病院をサポートするソフトウェア企業はDITAを使ってユーザー文書を作成しています。多くの病院は現在ポリシーと手順の作成のためDITAを検討中です。それによってモバイルデバイスへのコンテンツをダイナミックに配信することができ、大切な文書を新しいレベルで制御することができるからです。

 XDocsはヘルスケアで働く組織をどのようにサポートできるのでしょうか 。

全てのコンテンツに中央レポジトリを提供するのはもちろん、コア並びにオプションコンポーネントがメタデータ管理の機能増大を図る中、XDocs CCMS ライフサイクル全体にわたり組織の重要なドキュメンテーションをサポートします。

メタデータ管理

データが有用なのはそれを見つけることができ、いつどこで使われたのか分かる時だけです。Bluestream社の XDocメタデータ管理モジュールはタグ付けとメタデータに関する包括的マーケットリーダーアプローチを提供します。###############のタクソノミーとフォークソノミーの完全サポート

ワークフロー

ヘルスケアのドキュメンテーションは厳しく規制されており、その結果一貫性をもって作成、維持される必要があります。かつては職員がコンテンツを作成、見直し、タスクおよびタイムスケールが守られているかどうか通知する必要がありました。XDocsワークフローモジュールはBPMN 2.0 産業規準とデファクト規準Activitiワークフローエンジンをベースにしています。XDocs ワークフロープロセスの定義は他のツールを使用して、またシステム内で作成することができ、潜在的可能性は無限です。

問題専門家の貢献

中小企業は往々にしてコンテンツの作成に重要な役割を担っていますが、歴史的に見て、中小企業のドキュメント制作プロセスへの挑戦は困難を極めてきました。時間的逼迫や新しいソフトウェアアプリケーションの習得に気が進まなかったりで、構造化コンテンツに関しては後退する結果となりました。Bluestream社の XDocs CCMS v5.1 はウェブベースアプリケーションであるWEX を導入し、このアプリケーションはレビュー、修正はもちろんのことDITAコンテンツをゼロから作成することさえでき、トレー二ングも必要ありません。

XDocsワークフローと組み合わせると、コンテンツに注目の必要がある時に、中小企業に電子メールで通知することができます。リンクをクリックするとウェブページが開き、そこでMS Wordで機能がミラーリングされ、コンテンツを受け取り、メモを追加したり変更を提案したりできます。使いやすく直感的なインターフェイスはプロセスをスピードアップし、一旦タスクが完了するとワークフローエンジンはプロジェクトを次のタスク、たとえばレビューが完了したことを最初のオーサーに通知します。

知識ベース

今日、現代世界では印刷文書だけを配布するのでは十分ではありません。モバイルデバイスへの大幅な移行が進むにつれ、PDFは助けになるというより弊害になることがあります。病院職員は情報の即時アクセスを必要とし、モバイルデバイスの使用度は増加しています。

XDocs知識ベースは当社のダイナミックな配信プラットフォームであり、ウェブサイトやセルフサービスポータルを含む複数のデバイスやプラットフォームにDITAコンテンツを配信することができます。知識ベースは完全にカスタマイズでき、幅広いソリューションに向けて構成することができ、コンテンツはXDocs CCMSから直接提供されます。つまり実行するために変換プロセスはなく、コンテンツの公開が承認されるとすぐ利用可能になります。

幾つかの競争相手のシステムとは違い、XDocs知識ベースは管理者によって完全に構成、管理できるので、変更の必要があるたびにBluestream社に戻る必要はありません。